緊急地震速報 -Earthquake Early Warning-

地震大国に必要なインフラ設備として。

高度利用者向け緊急地震速報 DPASS【ディーパス】

緊急地震速報への思い

東日本大震災が再認識させてくれた、緊急地震速報システムの必要性。
私たちは、地震が来る前に地震を知らせることで人の命を守る緊急地震速報システムに大きな意義を感じ、2007年から普及に取り組んでいます。 1000年に一度の地震と言われる東日本大震災。一定の周期で大地震が起こる「地震大国」日本では「地震と向き合い、いかに人的被害を軽減するか」が重要な課題です。緊急地震速報によって事前に地震の到達を知り得ても、実際に地震が来ることに変わりはありません。しかし事前に揺れることを認識している地震の被害と、不意を突かれた地震の被害の大きさは比較にならないと考えています。
東日本大震災において「揺れる前に全員が避難できたのでケガ人はでませんでした」と、このシステムを導入している企業の担当者からお言葉をいただきました。その声にあらためて、この緊急地震速報システムの必要性を感じ、一層普及させなければならないと思いました。 この大震災では多くの人命が失われ、子どもや高齢者、体の不自由な方など災害弱者の存在も浮き彫りになりました。職場や学校はもちろん、医療機関、老健施設、商業施設など、人が多く集まる場所、そしてゆくゆくは各家庭にも必要なインフラとして緊急地震速報システムをひろめ、震災による人的被害をゼロにしたいと考えています。
私たちが推進する、高度利用者向け緊急地震速報システム。
DPASSは学校での生徒の安全も守ります。
緊急地震速報にはテレビ、ラジオ、携帯電話で通報する「一般向け緊急地震速報」と、インターネット回線などを利用して通報する「高度利用者向け緊急地震速報」の2種類があります。
自分がいる場所に、どのぐらいの揺れが何秒後に来るのか?を地震が来る前に知ることは、人的被害の軽減に大きな役割を果たします。テレビ、ラジオ、携帯電話などの一般向け緊急地震速報では、予測震度と猶予時間を通報できません。
そこで私たちは、予測震度と猶予時間を知らせる「高度利用者向け緊急地震速報」を推進しています。
また、さまざまなニーズにお応えするため、緊急地震速報の音声を自由に設定できるタイプや緊急地震速報の音声を無線で受けるタイプなど、各種の緊急地震速報システムをご用意しています。
管理部門 本田チーフ お客様の声&導入実績一覧はこちら

推奨する緊急地震速報システム

【本体 SH200-J】【子機 SH200-J-S】
  • 1.設置がカンタン!

    既存のインターネット回線が利用可能なため、導入コストを低く抑えられます。接続するだけで難しい設定は必要ありません。

  • 2.より正確な情報をピンポイントで発報!

    専用端末には設置場所の位置情報が個別登録されます。端末演算により予測震度、猶予時間をほぼ正確に発報できます。

  • 3.子機・外部機器との接続で二次災害を防止!

    館内放送などの外部システムを制御することが可能です。これにより、情報伝達をスムーズに行ったり、二次災害を防止したりします。

  • 4.利用シーンに合わせた発報設定が可能!

    発報震度レベルを自由に設定可能。
    表現方法を「詳細(ex.震度○○〜)」または「あいまい(ex.大きな揺れが〜)」に変更できます。